自宅のコピー機、断捨離候補?

自宅にコピー機が置かれるにようになると単なるコピー機から、電話・FAX・印刷・スキャナーなどのさまざまな性能を兼ね備えた複合機として「プリンター」と呼ばれるようになりました。

最近ではデジタルソースを髪媒体に記録して保管するよりも、デジタルソースのまま保管し身近なデジタル端末機器であるスマートフォンやタブレットなどを通じて、デジタルデータとして利用する人びとが増えたようです。それでも文章の校正や会計チェックなどの文字、数字を詳細に把握したい場合に、わざわざ個人的に紙ベースへ記録し直す方もいらっしゃるようです。

もちろん会議や商談の際にも、商談相手となるクライアントさんの年代や好みを把握するなかで、紙媒体での資料作成が求められることも多々あります。デジタルデータが主流となるなかで自宅にあるコピー機も、実はないと不便であったりすることもあるものです。