コピー機のリースにおける審査のポイント

コピー機のリースを検討する上で気になる審査は、一般的に難しくてハードルが高いといわれています。
コピー機リースの審査は、滞納歴や起業から3年で黒字を達成している企業家どうか、連帯保証人の有無で結果が決まります。
また個人事業主も企業と同様ですし、リース会社にとって安心できる材料をいかに多く集めて提出できるかも重要なポイントです。
会社の場合は企業だけでなく、代表取締役も滞納歴がない方が審査に通りやすくなります。
起業年数は信用に繋がりますが、場合によっては連帯保証人が求められるので注意です。
個人事業主は一般的に個人よりもリース審査のハードルが高いものの、安心材料が多ければ十分に可能性はあります。
より実現の可能性を高めたいのであれば、複数社に申し込んで審査を受けるのが近道です。