コピー機の廃インクタンクをチェック!

コピー機を利用するうえで大切なのは、その内部構造をある程度は理解しておくことです。

たとえば、家庭用コピー機を末永く使っていきたいなら、寿命に関係する要素を把握しておかなければなりません。いろいろな要素が関係していますが、特に多くの人が見落としがちなのは廃インクタンクの存在です。インクは印刷で紙に吹きつけられるだけでなく、内部に存在するタンクに排出される仕組みになっています。

これはインクの経路が詰まることを防ぐために、少量のインクをそこに流すことがあるからです。この処理自体は有益なものですが、何年も使っていると廃インクタンクが満たんになってしまいます。

そうなると、たいていの機種ではエラーを表示するようになり、もう印刷ができない状態になるのです。

また使用を可能にするには、メーカーに本体を送ってメンテナンスしてもらう必要があります。

ただし、近年になって自分で廃インクタンクを交換できる機種も発売されるようになりました。

               

自宅でも簡単に楽々印刷>>>トップ