コピー機を長持ちさせるメンテナンス法

コピー機は使いたい時や急いでいる時に限って、トラブルが起きることがよくあります。しかし、そんなトラブルも日ごろのお手入れによって発生を抑えることができるのです。

コピー機の給紙トレーにはガイドに沿って、用紙をセットするようにします。きちんとセットされていないと、紙詰まりとなる場合があります。そしてトレーにセットする用紙の量にも気を付けるようにします。多すぎても少なすぎても、紙詰まりになる可能性がありますので気を付けるようにします。

コピー機は精密機械ですので、定期的に給紙トレーの中の異物やごみを取り除いてあげる事が大切です。

乾燥した場所ではホコリが出来やすくなりますし、湿気の多い場所では結露が出来て故障の原因となる場合があります。特にコピー機の手差しトレーはホコリがたまりやすい場所なので、日ごろから掃除するように心がけましょう。

ちょっとしたメンテナンスをすることでトラブルを減らし、長く使用することができます。

               

自宅でも簡単に楽々印刷>>>トップ