コピー機のスキャン機能が進化している

多くの年賀状を送る必要がある方々は、住所録の管理にかかる手間に悩まされている事が多く、その悩みを解決してくれるのが最新のコピー機です。

名刺などに印刷されている情報をスキャンして、名刺管理ソフトなどに登録するだけでデータ化できるのが便利な点で、データを住所録にそのまま登録できます。

名刺管理をソフトウェアと連携する事によって、今までよりも効率の良い名刺管理を実現できるのが、スキャン機能で優れているコピー機が注目されている理由です。

同一人物の名刺を間違って複数登録してしまっても、自動的に名寄せを行えるためにデータの重複を防げます。

作業に慣れている人間でなければ名刺管理でミスが多発してしまうので、一部の従業員の負担が大きくなっていた事に悩んでいる企業も、最新のスキャン機能を活用してください。

最新の機器なら原稿のサイズを自動で検知する機能もあり、IDカードなどのコピーをしたい時にもサイズを細かく指定する必要もなく使用できます。

               

自宅でも簡単に楽々印刷>>>トップ