コピー機をリースするときのポイント

会社や自宅にコピー機を導入する時に、用途にあったものを選びましょう。例えば会社でコピー機を購入するのなら業務用のものを購入するのがおすすめです。業務用のものはスペックによって費用が違います。

例えば印刷速度ですが、速度のあるものほど金額も高めです。また印刷品質も高いものほど金額も高めになるので注意が必要です。

どうしてもコピー機を導入しづらいというときは、リースを利用することも考えます。リースは契約をして一定期間性能の高いコピー機を利用できるサービスです。ちなみに購入をするわけではないため、費用はかなり抑えることができます。

会社だけでなく個人でもリースが可能な会社がありますので、自宅で良くコピー機を使用される方は購入前にコピー機のリースを検討するのも良いかもしれません。

保守契約においては3つのものが用意されています。カウンター契約をすれば、毎月決められた金額を支払うだけで保守を受けることが可能です。

修理費用などは全て無料なので余計なコストもかかりません。スポット契約は修理を自分で業者に依頼するもので、費用も自己負担です。きっと契約は保守メンテナンス付きのトナーを購入することで修理などを受けることができます。

                    

コピー機をリースするメリット・デメリット

コピー機をリース契約で導入する最大のメリットは、まとまった初期費用が必要ないところにあります。また、基本的に月額の支払料金が固定されているので、ランニングコストを把握しやすい点もメリットです。なお、初期費用に50万円以上一括で支払えない状況であれば、リース契約でその利用を開始するのが良いでしょう。

さらに、購入時と違ってリース契約の場合コピー機の所有権はリース会社側にあります。そのため、その利用にかかる費用を経費として計上することができ、面倒な会計処理が一切不要です。その点もリース契約の大きなメリットと言えます。

ただし、その利用にあたっては基本的に契約満了を迎えるまで解約することができない点には注意が必要です。どうしても途中解約を希望する場合であっても契約満了までの残額を一括で支払わなければなりません。

場合によっては解約手数料の支払い義務まで生じ、総額の支払いが購入時に比べて大きく高くなってしまう場合もあります。注意しましょう。